トップ

水素水サーバーの選び方

水素水サーバーの選び方

水素水サーバーを選ぶ際のポイント

最近、「水素水」という言葉をテレビをはじめとしたメディアやスーパーでもよく目にしますよね。肌荒れなど美容面での悩みと、便秘など健康面での悩みを同時に抱えている私にとって、とても気になる存在です。

と言うのも、水素水には「身体を錆びさせる」という悪影響を及ぼす「活性酸素」を除去する働きがあると言われています。水素水を飲む習慣をつけることにより、腸内環境が整い便通が改善されたり、腸内に溜まった悪玉活性酸素をデトックスすることでしわやシミなどの肌トラブルが改善されたりとあらゆる効果が期待できます。

日々の悩みや不安を解消するため、毎日の生活に水素水を手軽に取り入れたいと考えました。しかし、重い水素水のペットボトルを購入しては自宅まで運ぶのは、骨が折れるものです。コスト面から考えても、小分けで販売されているペットボトルはどうしても割高になってしまいます。

私は家でたくさん飲みたいからこそ、購入時の手間がなくなりコストも抑えられる水素水サーバーを導入することを検討しています。しかし、水素水サーバーの種類は多種多様なため、何を選べばいいか悩んでしまいました。

水素水サーバーの選び方について調べてみると、「購入時のポイントを押さえて、理想の商品をしぼること」が大切なのだそうです。購入時のポイントは大きく分けて3つ。「購入方法」と「サーバーの種類」と「水素の濃度」です。この3つのポイント、すべてで納得ができる水素水サーバーを探しましょう。

水素水サーバーには、月々の利用料を払いレンタルするパターンと、初期費用は大きいものの長く使える購入パターンがありますので、まずは自分に合った購入方法を考えることが大切です。私の場合は、金額にもこだわりたいため初期費用を安く抑えられるレンタルを選びました。借り物を自宅で長く管理することに不安がある人は、購入パターンがおすすめです。

次に、水素水サーバーの種類も重要なポイントです。サーバーには、水道水を浄化し水素水に変換する「水道直結型」。値段の安さが魅力の「独立型」。充電し、どこへでも持ち運ぶことのできる「携帯型」などがあります。私は自宅でたくさん飲みたいので、水道直結型の水道水サーバーを選びました。独立型など一部のサーバーには、温水が使用できない場合もあるため、利用時をイメージしながら最適なサーバーを選ばなければいけません。

最後に水素濃度です。水に溶ける水素水の限度基準は、1.6ppmと言われています。現在、0.6ppm以上の水素水の多くが「高濃度水素水」という表現が使われているようです。せっかくサーバーを導入して水素水を飲むからには、できるだけ高濃度を実現できる水素水サーバーを探したいですね。

これらの条件を満たす水素水サーバーを探したところ、「からだ想い」を見つけました。レンタル式の水道直下型水素水サーバーで、JAXAでも採用される高機能特殊セラミック素材を使用しているという安全性の高さが特徴です。6か月ごとの定期メンテナンスなど、全国対応の充実したアフターサービス体制が整っているのもうれしいポイントです。

初期費用は工事費や送料も込みで42,700円と安価で、費用を抑えて水素水サーバーを導入したい人におすすめです。ランニングコストは、月々12,000~13,000円程度とされています。これから導入する人の多くが費用の心配をしていると思いますが、初期費用とランニングコストはしっかり見極めるべきポイントと言えそうですね。

Copyright © 水素水サーバーの選び方 All rights reserved