時間を意識して面接の練習を

学校の受験で必要なこと

LINEで送る

受験で合格するには面接が必要

関東圏や関西圏では、小学校や中学校から、お受験をしなければなりません。実技で学力を判断されることはもちろんのことですが、面接が重要視されることもあります。面接を受ける場合、親御さんと一緒の場合が多いです。受け入れる学校側としては、生徒の学力だけではなく、どのような環境で育ってきたのかを判断するために親御さんも判断するのです。また、学校としては、寄付金なども支払える能力が親御さんにあるか否かということもありますし、家柄なども重要な要素となっています。学校により、面接時間は異なりますが、30分程度で済む場合が多いです。受験と聞きますと、とにかく子供に勉強させることを考え、塾に通わせたりしますが、いくら成績が良くとも、親御さんの職業が不適格だと判断されますと、合格することはできないと考えるべきです。受験での面接時には、限られた時間の中で、アピールすべきことをしっかり伝えられるようにしなければなりません。だらだらと的を射ていない発言をすることは、マイナスポイントになります。時間配分を考えてしっかり面接対応ができるように、時間を意識して事前に何度も練習をされるとよろしいです。塾や予備校で、対応方法を教えてくれるはずです。

 

↑PAGE TOP